緊急油圧装置 独立行政法人 水資源機構と共同開発

災害時、電源喪失や機器が故障しても油圧式ゲート等の緊急駆動が可能。

近年、多発している地震や洪水などの被害。
それを守るダムや河川のゲート設備など
確実な操作が求められる油圧装置で稼働する機器。
これら油圧機器の「緊急油圧装置」として開発され危機管理上有効な駆動装置として活躍します。
◆NETIS登録番号(KK-140032-A)

緊急油圧装置の紹介 動画を見る

安心・安全の「緊急油圧装置」フォールトレランス・フェイルソフトに叶う技術です。

大規模災害時、電源喪失や機器故障によりゲートなどの油圧装置が使用できなくなった場合でも、「緊急油圧装置」で操作できます。

※フォールトレランス:システムに障害が発生したときに、正常な機能を保ち続ける能力。
※フェイルソフト:システムの一部に障害が発生したとき、故障した箇所を切り離すなどして障害の影響が他所に及ぶのを防ぎ、最低限のシステムで稼働を続けること。

  • 既設タンクの作動油を利用することで装置を小型軽量化。
  • 手動切替レバーで簡単確実な操作が可能。
  • ライト点灯で夜間でも安心安全な操作が可能。

◆「緊急油圧装置」は既設設備及び新設設備にも予め多機能弁を取付けることで、対応可能です。
◆可搬型と定置型の兼用タイプです。
◆接続は付属のホースを使用して既設配管とワンタッチカプラーで接続するのみです。
◆ホースを接続し多機能弁を閉め、既設ラインをと縁切りしエンジン始動後「手動切り替えレバー」で
 「開・停止・閉」操作が簡単に行えます。

【エンジン】
・確実な始動と信頼性のディーゼルエンジン採用。
・低燃費直噴ディーゼルで軽量コンパクト。
・排ガス規制に対応した低振動・低騒音型。
・始動はラクラク「リコイル式」(セルモータ標準装備)
【ポンプ】
・構造がシンプルで耐久性、信頼性に優れたギアポンプを採用。
・ゴミの影響を受けにくく、長期保管に優れ、経済的。

※1 有効作動圧力は、JISシリンダ ロッド記号Bにおける「開操作時」の場合であり、その他は技術仕様により求めて下さい。
※2このカタログの記載内容は予告なく変更する場合があります。